―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

介護食の手間と負担を減らす食事宅配サービス

介護食宅配の新しい情報を確認したい方には、絶対にこの専用サイトがお勧めです。利用者の立場に立って、最新情報をもれなく掲載してあるので、あなたがチェックしたい介護食宅配の情報を必ず手にすることができます。
トップページ > 「誤嚥性肺炎」を気をつける

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

「誤嚥性肺炎」を気をつける

加齢や怪我そして病気などによって、固いものがうまく食べられない、うまく水分を飲み込めないという類の悩みが増えてきます。

介護用の食品にはご飯に対するどんな悩みでも解消できるように、どれだけ食べやすいかに焦点を当てた商品や、少量で栄養を補給できる商品などがあります。

介護をする方にとって、食べやすいご飯を準備するのは大変です。

介護用食品があれば、気持ちに少しゆとりができたり、献立についての日々の悩みを少し軽くできるでしょう。介護をする側もされる側も、みなさんが幸せになれる介護用の食品を活用することを強く御勧めします。

完成された料理をその通りペースト状にして出すことが病院では一般的で、当然美味しそうには見えず、味もあまりよくありないでしょうでした。入院生活を送っている高齢者の方のご飯がスムーズに行かなかったのは咀嚼が困難なためではなく、食欲をそそるような見た目・味ではなかったことによるものなので、自宅でご飯の用意をするときは、病院食のような見た目も味も悪いごはんは出さないと心に誓いました。病院で摂食嚥下障害看護認定の看護師さんに退院後の介護食の助言を求めたら、食べやすい形状のものだったら何でも食べられると教わりました。

介護食を小分けにして冷凍保存しておけばその都度用意する必要がなくなると気づきました。

介護食は無理なく食べられる状態にすることに加え、出来るだけご飯を用意しやすくするためにも、調理器具を使うことを御勧めします。

介護食の特徴は柔らかく、口に入れたときに困難なく噛める大きさ、そして食感です。フードプロセッサーは少量の水で食材を細かく刻んだり、ペーストなどのなめらかな形状にまで対応しているため調理するのが楽になります。

その他にもマッシャーやすり鉢を使って食べにくいものを調理することも可能です。

それでもなめらかさが足りないときは、裏ごし器使うことによってそれは解消されます。介護食も普通食に対してと同様に、美味しそうな見た目のものが好まれます。

どれだけ無理なく食べられるかにとらわれ過ぎて、見た目や味付けが悪いと、食欲は無くなってしまいます。

無理なく口に運べるか、飲み込むときに無理はないかなどに注意深く気を使っています。高齢者は唾液の分泌量が低下するため、口に食べ物を含んだときに、口内の水気を取ってしまうよう食べ物は食べにくいです。そうは言ってもむせ込みの原因として水分の多さも挙げられるので、口にしやすい材料を使って、ご飯に無理のない形状に作り変えます。

年齢の変化や病気によって食べる機能は低下します。

ご飯が思うようにできない方のために介護食がありますが、食べる力は人によって異なります。

安全で安心してご飯をするための目安の指標としてレベルごとに分けられているのが介護食です。

嚥下食ピラミッドは食べ物を口に入れてから飲む込むまでの難しさの程度によって普通食から嚥下食までの6段階にレベル分けし、各段階に合わせてそれぞれ食物の形や柔らかさなどを統一することで、病院や施設だけでなく家庭でも問題なくご飯をおこなうためにとても役たつ指標です。

体力、そして抵抗力のなさを感じない体を保つためにエネルギーを、骨格筋の動きの良さを保つために意識して良質なタンパク質を摂ることを御勧めします。

そこで良質なタンパク質を効率よく摂取できる食材として御勧めできるのが卵と豆腐ですので、肉や魚が食べにくい人は、卵や豆腐から不足しているたんぱく質を摂るといいでしょう。

そして肉や魚から摂取できる動物性たんぱく質にはアミノ酸、ビタミンそしてミネラルなどの栄養素がふくまれているため、毎日摂る食品の種類が多い人ほど高齢になっても活動能力が高く、他の人よりも長生きできるということも分かっています。歳を取ることでみられる顔まわりの筋肉の衰えや歯がもろくなってしまうことにより、飲み込んだり噛んだりする力も衰えてきます。以前食べていたものをうまく食べることができず、飲み込むときにしばしば喉につかえて咳き込んでしまい、食べ物が気管に入って「誤嚥性肺炎」を引き起こすおそれもあります。そして、主な高齢者は若い頃にくらべて食欲が低下するため、食べられるものが食べやすい食材などに限られてしまったり、ご飯量自体が減ってしまい栄養バランスが崩れてしまっていることがあります。

近頃、お年寄りの間で注目されている問題は、フレイル(虚弱)というものです。フレイル、それは以前にくらべて体重が落ちた、疲れやすくなった、思うように歩けないといった様子がみられ、このまま悪くなり続けると介護が必要になってしまう可能性が高いことをいいます。このフレイルという状態から、筋力が衰えてしまう「サルコペニア」や、骨や関節・筋肉の機能が低下することによって歩くことや日常の生活を送る上で大変な問題を起こす「ロコモティブシンドローム」、そしてさらには起き上がるのも厳しい状態に繋がるとされています。この「負の連鎖」の原因となるのが低栄養なのです。

食べることが苦痛に感じられるようになってしまうと、どうしても簡単なメニューですませてしまいがちに。そういった場合は、今ある食材をプラスするなど、たくさん食べられなくても栄養バランスのとれたご飯をすることがとても大切です。あまり気分が乗らないとき、「おかゆを食べていればだいじょうぶ」と思っていないでしょうか?ごはんにくらべるとおかゆは水分が多いので、1杯のエネルギーはごはんの半分以下。

おかゆを食べるなら、ほかの食材を加える工夫で足りないエネルギーと栄養を補っていきましょう。

介護施設のご飯は栄養士がバランスの良い献立を作り、調理師が調理したお料理を提供しておりますが、もし噛んだり飲んだりすることが難しい方に対しては、それぞれに合わせて調理することが大切です。

介護施設によって、もとからなめらかになっているご飯ではなく、食べ物の形がありますが舌で押しつぶせる「ソフト食」というものがあり、どんなに噛んだり飲んだりする動作が難しい方でも、どれだけ食べ物を味わって食べられるかに焦点を当てた調理法を教えてくれる老人ホームもあります。

関連記事

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2014 介護食の手間と負担を減らす食事宅配サービス All rights reserved.