―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

介護食の手間と負担を減らす食事宅配サービス

介護食宅配の新しい情報を確認したい方には、絶対にこの専用サイトがお勧めです。利用者の立場に立って、最新情報をもれなく掲載してあるので、あなたがチェックしたい介護食宅配の情報を必ず手にすることができます。
トップページ > いつまでも体を活発に動かせるように質の良いタンパク質を摂ることを心がける

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

いつまでも体を活発に動かせるように質の良いタンパク質を摂ることを心がける

体力、そして抵抗力のなさを感じない体を保つためにエネルギーを、いつまでも体を活発に動かせるように質の良いタンパク質を摂ることを心がけてください。

そして良質なたんぱく質として真っ先に挙げられるのは卵と豆腐ですので、もし肉や魚がうまく食べられない人は、卵や豆腐で変りに補うことができます。

肉や魚には、卵や豆腐とは異なるアミノ酸、ビタミンそしてミネラルなどの栄養素がふくまれているため、あまたの品目を毎日食べている人は、歳を取っても活動範囲が狭まることもなく、他の人よりも長生きできるということも分かっています。

一般的に病院食といえば完成された料理をそのまま流動食にしたものが主で、見た目も悪く、味もオイシイとは言えないものでした。

入院中の高齢者の方の食事が思うように進まなかったのは噛むことが難しいからではなく、多くが見た目や味の悪さなので、家では完成品を丸ごとミキサーにかける食事は造らないと決意しました。

病院で摂食嚥下障害看護認定の看護師さんに退院後の介護食の助言をもとめたら、食べやすい形状のものでしたら何でも食べられると教わりました。介護食を毎食ごとに冷凍しておくと食事準備に手間取らないと分かりました。老人ホームの食事は栄養士が栄養管理した献立を作り、それの通りに調理された料理を提供していますが、うまく嚥下や咀嚼ができない方の場合は、その状態にあった調理方法で提供する必要があります。介護施設によって、どの料理も見た目にさほど差のないペースト状の食事ではなく、食べ物の形がありますが舌で押しつぶせる「ソフト食」というものがあり、うまく噛むことや飲むことができない方でも、いかに美味しく食べられるかをことを考慮した調理方法を助言してくれる介護施設もあります。介護食は食べやすい形にすることがとても大事ですが、また、介護する側も介護食を創る負担を軽減するためにも、調理器具を使うことをお勧めします。

介護食の特質は柔らかく、なめらかな状態、噛みやすいサイズです。

フードプロセッサーは少量の水で食材を細かく刻んだり、さらに細かくペースト状にしたりなど、簡単に調理ができるようになります。その他にもマッシャーやすり鉢を使って食べにくいものを調理することも可能です。そしてさらに口当たりを良くしたいときには、裏ごし器を使うことで食感の粗さを感じなくなります。

年齢、そして怪我や病気が要因で固いものが食べにくい、水分を飲み込むのが難しくなるというような悩みが出てきます。

どんな状況においても楽しく食事ができるように介護用食品は、食べやすさに配慮した商品や、足りない栄養素を十分に補える商品などが用意されています。家庭で介護食を創ることは決して容易なことではありません。

介護用食品によって、ひと息つく時間が生まれたり、何を創るか頭を悩ませる必要もなくなります。介護をうける側も、手助けをする側も、どちらにおもったより嬉しい介護食品を使わない手はないでしょう。近頃では、お年寄りのフレイル(虚弱)状態が問題視されています。フレイルとは昔に比べて思うように体を動かせなくなったり体重が落ちてしまったりなどと、このままでは要介護の状態になる状況が近い将来訪れる可能性が高いことをいいます。そしてフレイルの状態は、「サルコペニア」といわれる筋肉量の低下や、骨や関節・筋肉の障害により歩行や日常のあらゆる行動において支障をきたす「ロコモティブシンドローム」、最悪の場合起き上がることさえ困難な状態になってしまう可能性が高いといいます。

そしてこの負の連鎖をを引き起こしているのが栄養不足なのです。

食べる機能は加齢や疾患によって低下します。食べる力が衰えてしまった方のために介護食は提供されていますが、機能の低下など人それぞれです。安全で安心して食事をするための目安の指標としてレベルごとに分けられているのが介護食です。嚥下食ピラミッドは全ての食事を摂食・嚥下の難易度にあわせて、普通食から嚥下食まで異なる6つのレベルに分け、どの段階の方でも美味しく食事ができるように、食物のやわらかさなどを統一することで、家庭でも病院や施設と同じように安全な食事を用意するために、とてもわかりやすく使いやすい指標です。

介護食も普通食に対してと同様に、美味しそうな見た目のものが好まれます。食事のし易さに重きを置きすぎて、見栄えも味も悪くなってしまうと、食べたくない気持ちが大きくなってしまうのです。

食べ物がひとまとまりになりやすいか、喉を通りやすいかなどの安全性や食べやすさについて慎重に考えられています。年齢とともに口の中で造られる唾液の量は減ってくるため、口に食べ物を運んだ時、水分を吸収してしまう食べ物は食べにくいです。

そうは言ってもむせ込みの原因として水分の多さも挙げられるので、口にしやすいものを使って、美味しく食べられるように加工します。

食事を純粋に楽しめなくなってしまうと、必然と用意するものも簡単なものになってしまうでしょう。

そういった場合は、今ある食材をプラスするなど、少しの量でもバランスよく栄養を摂取できる食事を常に意識すると良いでしょう。食事をしたい気分ではないけれど食べなければならないとき、「おかゆを食べていればだいじょうぶ」と思っていませんか?おかゆを創る工程で使われる水の量はごはんよりも多いため、そのエネルギーは、たとえごはんと同量だとしてもその半分にも満たないのです。

そのためおかゆとともに、その他の食材をうまく組み合わせて、意識して十分でないエネルギーや栄養を補うようにしてください。

加齢にともない顔まわりの筋肉が衰えたり歯が弱くなったりすると、ものを噛んだり飲んだりする力がなくなっていきます。今まで何の問題もなく食べていたものを簡単に食べられなくなり、よく飲み込んだときにむせてしまい、気管に食べ物が入ってしまうことで引き起こされる「誤嚥性肺炎」になってしまうおそれもあります。

そして、主な高齢者は若い頃に比べて食欲が低下するため、あまり困難なく食べられるものに絞って食べてしまいがちになり、あまり多くの量を食べなくなり体の中に栄養が行き届いていない状態になっていることがあります。

関連記事

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2014 介護食の手間と負担を減らす食事宅配サービス All rights reserved.