―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

介護食の手間と負担を減らす食事宅配サービス

介護食宅配の新しい情報を確認したい方には、絶対にこの専用サイトがお勧めです。利用者の立場に立って、最新情報をもれなく掲載してあるので、あなたがチェックしたい介護食宅配の情報を必ず手にすることができます。
トップページ > 介護食も普通食に対してと同様に、美味しそうな見た目のものが好まれます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

介護食も普通食に対してと同様に、美味しそうな見た目のものが好まれます

介護施設のご飯は栄養士がバランスの良い献立を造り、それの通りに調理された料理を提供していますが、上手く嚥下や咀嚼ができない方の場合は、それぞれに合わせて調理することが大事です。また各老人ホームによりますが、きざみ食・ミキサー食のように流動的なものではなく、食べ物の形がありますが舌で押しつぶせる「ソフト食」というものがあり、立とえ飲み込みや噛む機能が低下したかたでも、ご飯を味わえる調理方法を老人ホームによっては提供しています。年齢と一緒に顔の筋肉が下がってきたり歯がもろくなってくると、 飲み込んだり噛んだりする力も衰えてきます。

これまでと同じ食べ物を思うように食べられず、飲み込むたびにむせるようになり、食べ物が気管に入って「誤嚥性肺炎」を引き起こす畏れもあります。

その他お年寄りにみられる特質として、若い頃よりも食欲がなくなるため、柔らかいものなど簡単に食べられるものばかりを食べてしまったり、あまり多くの量を食べなくなり健康的とはいえない状態になってしまっていることがあります。近頃、お年寄りの間で注目されている問題は、フレイル(虚弱)というものです。フレイルというのはつまり、体重減少、疲労感の強さ、筋力の低下などの特質が見うけられ、どんどん悪化し続けてしまうと介護が必要になる可能性が高いことをいいます。このフレイルという状態から、筋力が衰えてしまう「サルコペニア」や、骨や関節そして筋肉が上手くはたらかなくなったことが原因で歩行や日常のあらゆる行動において支障をきたす「ロコモティブシンドローム」、さらには寝たきりの状態に繋がるとされています。

そしてこの負の連鎖をを引き起こしているのが栄養不足なのです。介護食も普通食に対してと同様に、美味しそうな見た目のものが好まれます。ご飯のし易さに重きを置きすぎて、ご飯本来の楽しみである見た目や味に魅力が感じられないと、食に対する意欲が薄れてしまいます。無理なく口に運べるか、飲み込みやすいかなど安全に食べられるように配慮します。年齢と一緒に口の中で作られる唾液の量は減ってくるため、口に食べ物を運んだ時、水分を吸収してしまう食べ物は食べにくいです。

逆に水分が多くても、むせ込みの原因にもなるので、口にしやすい材料を使って、ご飯に無理のない形状に造り変えます。加齢や疾患によって食べる力は落ちてしまいます。

食べる力が衰えてしまった方のために介護食は提供されていますが、ひとりひとり機能の程度はちがいます。

安心してごはんが食べられるような手掛かりとして介護食は全ての方に合わせてレベルが分けられています。食べる動作の難しさの度合いによって嚥下食ピラミッドを普通食から嚥下食までが6つの程度に分け、各段階に合わせてそれぞれ食物の形や柔らかさなどを統一することで、病院や施設だけでなく家庭でも安心してご飯をとることができるようになるものです。歳を重ねること、そして怪我や病気(先天的なものも少なくないでしょう)をするこが原因で、固いものの食べづらさや水気のあるものが飲み込みにくいといった問題が出てきます。どんな状況においても楽しくご飯ができるように介護用食品は、食べやすさを第一に考えて作られた商品や、少量で栄養を補給できる商品などがあります。

家庭で介護食を用意するのはとても大変です。

介護のための食品は、心休まる瞬間を造る手助けになったり、献立についての日々の悩みを少し軽くできるだと言えます。

当事者も身の回りのお世話をする方も、どちらも幸せになれる介護食品をぜひ使ってみてください。

介護食は食べやすい形にすることがとても大事ですが、また、出来るだけご飯を用意しやすくするためにも、それ専用の調理器具は必要不可欠です。介護食においてとても重要なポイントは、やわらかさ、なめらかな食感、咀嚼しやすいサイズです。

フードプロセッサーは少量の水で食材を細かく刻んだり、さらに細かくペースト状にしたりなど、簡単に調理ができるようになります。

そしてマッシャーやすり鉢を使えば食材を潰して食べやすくすることもできるだと言えます。さらになめらかさが必要な場合には、裏ごし器を使うことで食感の粗さを感じなくなります。

食べることに楽しさが見出せず食べにくさばかりを考えてしまうと、あえて手の込んだものは作らなくなってしまいます。

そういうときは、すぐに用意できる食品を足して、たくさん食べられなくても栄養バランスのとれたご飯をすることがとても大事です。

あまりご飯をしたくないとき、おかゆに頼ってしまっていませんか?おかゆを造るとき、ごはんより多く水を使うので、そのエネルギーは、立とえごはんと同量だとしてもその半分にも満たないのです。

ですからただおかゆを食べるだけではだめで、それ以外に栄養のあるものを加えるようにして、意識して十分でないエネルギーや栄養を補うようにしてください。

年齢を感じ指せない体力と健康を維持するためにカロリーを、 いつまでも体を不自由なく動かせるように質のよいタンパク質の多く含まれているものを積極的に摂るようにしてください。

たとえば卵や豆腐は質のよいタンパク質が多く含まれている食材なので、もし肉や魚を食べることが難しい方は、その代わりに卵や豆腐を食べることでタンパク質を十分に摂取することができるだと言えます。

肉や魚には、卵や豆腐とは異なるアミノ酸(食事から摂るのが理想ですが、不足しがちであればサプリメントなどを利用するのもいいでしょう)やビタミン・ミネラルなどが含まれており、毎日食べる食品の種類が多ければ多いほど、年齢を重ねても衰えることなく、長生きできるそうです。病院食に見られる特質は、料理を丸ごとミキサーにかけた流動食で、美味しさもその見た感じもあまり良いものではありませんでした。

入院している高齢者の方の食がスムーズに行かなかったのは咀嚼が困難なためではなく、多くが見た目や味の悪さなので、自宅でご飯の用意をするときは、病院食のような見た感じも味も悪いものは絶対に出さないと決めました。入院先の病院で摂食嚥下障害に関して特に詳しい看護師さんに自宅での介護食の用意の仕方について質問してみたら、食べやすい形状のものであれば何でも食べられると教わりました。介護食を小分けにして冷凍保存しておけばその都度用意する必要がありませんしなると気づきました。

関連記事

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2014 介護食の手間と負担を減らす食事宅配サービス All rights reserved.