―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

介護食の手間と負担を減らす食事宅配サービス

介護食宅配の新しい情報を確認したい方には、絶対にこの専用サイトがお勧めです。利用者の立場に立って、最新情報をもれなく掲載してあるので、あなたがチェックしたい介護食宅配の情報を必ず手にすることができます。
トップページ > 老人ホームのご飯は栄養士が栄養バランスを考えた献立

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

老人ホームのご飯は栄養士が栄養バランスを考えた献立

老人ホームのご飯は栄養士が栄養バランスを考えた献立を考え、調理担当が作ったお料理を用意していますが、うまく嚥下や咀嚼ができない方の場合は、どの形状の料理が最適かを考慮して調理しなければなりません。老人ホームによっては、どんな食材かわからないほど細かく刻まれたご飯ではなく、見た目は普通食のようですが簡単に舌で押しつぶせる「ソフト食」というものがあり、たとえ飲み込みや噛む機能が低下したかたでも、おいしく食べられる調理法を提案してくれる介護施設も容易に見つけられるでしょう。

食べる機能は加齢や疾患によって低下します。

介護食は食べる機能が低下した方に提供するご飯ですが、ひとりひとり食べる力は変わってきます。

安心してごはんが食べられるような手掛かりとしてレベルごとに分けられているのが介護食です。

嚥下食ピラミッドは全てのご飯を摂食・嚥下の難易度にあわせて、わかりやすく普通食から嚥下食まで6つに分け、どの段階の方でもおいしくご飯ができるように、食物のやわらかさなどを統一することで、家庭でも病院や施設と同じように安全にご飯を行うために非常に役立つ目安です。

ここ最近、高齢者の間で問題視されているフレイルという状態をご存知でしょうか。

フレイルとは昔に比べて思うように体を動かせなくなったり体重が落ちてしまったりなどと、このまま悪化してしまうと要介護の状態になってしまう可能性が高いことをいいます。そしてフレイルの状態は、「サルコペニア」といわれる筋肉量の低下や、骨や関節・筋肉の機能が低下することによって歩くことや日常の生活を送る上で大変な問題を起こす「ロコモティブシンドローム」、もっとひどくなると起き上がることすら難しい状態に通じるとされています。

そしてこの負の連鎖をを引き起こしているのが栄養不足なのです。

介護食は無理なく食べられる状態にすることに加え、ケアをする側の負担を減らすためにも、それ専用の調理器具は必要不可欠です。

介護食の特徴を挙げるとすれば、柔らかさ、なめらかな食感、咀嚼しやすいサイズです。フードプロセッサーは少量の水で食材を細かく刻んだり、すりつぶした状態にするなど必要な用途に合わせて使えるので役に立ちます。また食べにくいものを潰すためにマッシャーやすり鉢を使うこともできるでしょう。

そしてさらに口当たりを良くしたいときには、裏ごし器を使うと粒粒感がなくなります。

完成された料理をそのままペースト状にして出すことが病院では一般的で、見た目も悪く、味もおいしいとは言えないものでした。

入院中のお年寄りのごはんが思うように進まなかったのは噛向ことが難しいからではなく、ほとんどが見た目や味の問題が原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)なので、家では完成品を丸ごとミキサーにかけるごはんは出さないと心に誓いました。病院で摂食嚥下障害看護認定の看護師さんに退院後の介護食の助言をもとめたら、柔らかいものだったら何でも好きなものを食べても良いと言われました。

三食を小分けにして冷凍庫で保存しておくと用意に時間がかからなくなります。

年齢と供に、また病気や怪我などによって固いものが食べづらい、水分が飲みこみづらいといったご飯の悩みが出てきます。

どんなにご飯への不安があるとしても楽しくご飯ができるように、介護用の食品には、いかに食べやすいかを重要視した商品や、少ない量で不足している栄養を補える商品などがあります。介護をする方にとって、食べやすいご飯を準備するのは大変です。介護用食品で、毎日にゆとりが生まれたり、食べやすい料理を造る手間も省けます。介護を受ける方も、介護をする方も、皆さんが幸せになれる介護用の食品を活用することを強くお薦めします。食べる側の食欲の有無は、介護食の見た目に関係します。

どれだけ無理なく食べられるかにとらわれ過ぎて、見栄えも味も悪くなってしまうと、食欲は無くなってしまいます。

食べる動作に無理は生じないか、喉を通りやすいかなど安心して食べられるように考えられています。年齢と供に口の中で造られる唾液の量は減ってくるため、食べた時に口の中がからからになってしまうようなものは食べにくいです。

とはいえ水分が多く含まれていると、むせてしまう可能性が高くなるので、食べやすい材料を使って、食べやすい形に創り変えます。

ご飯を純粋に楽しめなくなってしまうと、どうしても簡単なメニューですませてしまいがちに。

沿ういった場合は、今ある食材をプラスするなど、少量でも効率よく栄養が摂れるように工夫してみましょう。ご飯をしたい気分ではないけれど食べなければならないとき、おかゆだけを口にして終わらせてしまってはいないでしょうか。

おかゆはごはんより多くの水で造られているので、そのエネルギーは、たとえごはんと同量だとしてもその半分にも満たないのです。もしもおかゆを食べるのだったら、他にもいくつか栄養のある食材を食べることで、不足しているカロリーと栄養をしっかりと補ってあげましょう。加齢にともない顔まわりの筋肉が衰えたり歯が弱くなったりすると、嚥下や咀嚼もだんだんと難しくなっていきます。以前食べていたものを食べることが難しくなり、飲み込むときにむせることが増え、気管に食べ物が入ってしまうことで引き起こされる「誤嚥性肺炎」になってしまう惧れもあります。

また、高齢者は一般的に若い頃よりも食欲が低下するため、やわらかい食材など食べられる物が限られたり、あまり多くの量を食べなくなり栄養バランスが崩れてしまっている事があります。

体力と抵抗力を保つためにエネルギーを、関節周りの筋肉量を維持するために良質なたんぱく質を摂取しましょう。

例えば卵や豆腐は質のよいタンパク質が多く含まれている食材なので、一般的によく知られる肉や魚が食べられない方は、卵や豆腐でたんぱく質を摂ってください。

たんぱく質を摂るためによく知られている肉や魚には、卵や豆腐とはまた違う沢山の種類のアミノ酸、ビタミンそしてミネラル(カルシウムや亜鉛、鉄分などが有名ですね。

不足すると、深刻な不調が現れてしまいます)が含まれているので、毎日摂る食品の種類が多い人ほど高齢になっても活動能力が高く、長生きであるという調査報告もあります。

関連記事

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2014 介護食の手間と負担を減らす食事宅配サービス All rights reserved.