―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

介護食の手間と負担を減らす食事宅配サービス

介護食宅配の新しい情報を確認したい方には、絶対にこの専用サイトがお勧めです。利用者の立場に立って、最新情報をもれなく掲載してあるので、あなたがチェックしたい介護食宅配の情報を必ず手にすることができます。
トップページ > 高齢者の間で注目されていますフレイル(虚弱)とは

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

高齢者の間で注目されていますフレイル(虚弱)とは

ご飯を純粋に楽しめなくなってしまうと、オイシイものを食べたいという考えがなくなり簡単にご飯を済ませてしまうことが多くなります。

沿ういうときは、すぐに用意できる食品を足して、少しの量でもバランスよく栄養を摂取できるご飯を常に意識すると良いでしょう。おなかが空い立とあまり感じられないとき、おかゆを食べるだけで安こころしていませんか?ごはんにくらべるとおかゆは水分が多いので、茶碗一杯分のエネルギーは、ごはんとくらべてなんと半分以下しかありません。なのでおかゆだけを食べるのではなく、ほかの食材も摂るようにすることで、意識して十分でないエネルギーや栄養を補うようにしましょう。老人ホームのご飯は栄養士が栄養管理した献立を作り、丁寧に調理されたものを出していますが、もし噛んだり飲んだりすることが難しい方に対しては、その方にあった調理方法で調理することが大切です。

介護施設によって、どんな食材かわからないほど細かく刻まれたご飯ではなく、「ソフト食」という見た目は食べ物その通りですが舌を使って簡単に押しつぶすことができるものがあり、歯がない方や嚥下能力が低下した方でも、いかに美味しく食べられるかをことを考慮した調理方法を老人ホームによっては提供しています。加齢や病気・怪我などにより、固いものが食べづらい、水気のあるものが飲み込みにくいといった問題が出てきます。

介護用食品はいつまでもご飯を楽しんでもらう為に、いかに食べやすいかを重要視した商品や、少量で栄養を補給できる商品などがあります。介護をする方にとって、安こころして食べられるご飯を用意することは簡単なことではありません。介護のための食品は、心休まる瞬間を造る手助けになったり、献立についての日々の悩みを少し軽くできるでしょう。介護を受ける方も、介護をする方も、どちらも幸せになれる介護食品をぜひ使ってみてちょうだい。

介護食は食べやすい状態にすることは持ちろん、介護する側もご飯を用意する負担を減らすためにも、専用の調理器具があるとおもったより助けになります。

介護食の特徴は柔らかく、舌触りの良さ、そして噛みやすい大きさです。

フードプロセッサーは水分が少量でも食材を刻む、ペースト状などにもできるため、調理の大きな手助けになります。それ以外にもマッシャーやすり鉢を使用してより食べやすい形にすることもできます。

それでもなめらかさが足りないときは、つぶつぶ感をなくすために裏ごし器を使うのも良いでしょう。疲れにくく病気になりにくい体を維持するためにエネルギーを、関節周りの筋肉量を維持するために意識して良質なタンパク質を摂ることをおすすめします。

例えば卵や豆腐は質のよいタンパク質が多くふくまれている食材なので、肉や魚が不得意な人は、卵や豆腐で替りに補う事が出来ます。

肉や魚には、卵や豆腐とは異なるアミノ酸、ビタミンそしてミネラル(カルシウムや亜鉛、鉄分などが有名ですね。不足すると、深刻な不調が現れてしまいます)などの栄養素がふくまれているため、たくさんの品目を毎日食べている人は、歳を取っても活動範囲が狭まることもなく、他の人よりも長生きできると言う事も分かっています。

見た目が良くて美味し沿うな介護食を前にすれば、当然食欲も出ます。

どれだけ楽に食べられるかを重視しすぎて、見栄えも味も悪くなってしまうと、食欲は失われてしまいます。口の中でまとまりやすいか、飲み込みやすいかなど安こころしてご飯ができるように最大限の工夫がなされています。

高齢者は唾液の分泌量が低下するため、口に食べ物を含んだときに、口内の水気を取ってしまうよう食べ物は食べにくいです。

その反面、水分が多過ぎてしまっても、むせてしまうこともあるので、食べやすい具材を使用して、ご飯に負担のない形状に作り変えます。

食べる力は加齢や病気によって衰えます。

介護食は食べる機能が低下した方に提供するご飯ですが、人それぞれ機能の程度は異なります。不安がなくご飯をするための目標の手掛かりとしてレベルごとに分けられているのが介護食です。食べる動作の難しさの度合いによって嚥下食ピラミッドを普通食から嚥下食までの6段階にレベル分けし、それぞれの段階に合わせて食物の形や、やわらかさを統一することで、病院や施設に行くのが難しい方でもご家庭で安こころしてご飯を取る事ができるようになるものです。

ここ最近、高齢者の間で問題視されているフレイルという状態をご存知でしょうか。フレイルというのはつまり、体重減少、疲労感の強さ、筋力の低下などの特徴が見受けられ、どんどん悪化しつづけてしまうと介護が必要になる恐れが十分にある状態のことです。

そしてフレイルの状態は、「サルコペニア」といわれる筋肉量の低下や、骨や関節そして筋肉が上手くはたらかなくなったことが原因で歩行や日常の生活を送る上で大変な問題を起こす「ロコモティブシンドローム」、最悪の場合起き上がることさえ困難な状態になってしまう可能性が高いといいます。

そして低栄養こそ、これまでに説明した悪い状態のすべての原因なのです。

一般的に病院食といえば完成された料理をその通り流動食にしたものが主で、当然美味し沿うには見えず、味もあまりよくありませんでした。入院生活を送っている高齢者の方のご飯があまり好ましい状況でなかったのは決して噛めないことが原因な理由ではなく、食欲をそそるような見た目・味ではなかったことによるものなので、自宅で造る際には料理を丸ごとミキサーにかけるようなものは絶対に出さないと決めました。入院先の病院で摂食嚥下障害に関して特に詳しい看護師さんに自宅での介護食の用意の仕方について質問してみたら、『柔らかければ何でもいいですよ』とだけ言われました。

介護食を毎食ごとに冷凍しておくとご飯準備に手間取らないと分かりました。歳を取ることでみられる顔まわりの筋肉の衰えや歯がもろくなってしまうことにより、ものを噛んだり飲んだりする力がなくなっていきます。

これまでと同じ食べ物を食べることが難しくなり、飲み込むときにしばしば喉につかえて咳き込んでしまい、食べ物が気管に入って「誤嚥性肺炎」を引き起こす惧れもあります。

他には、ほとんどのお年寄りは食べることに対する興味が若い頃にくらべてなくなるため、あまり困難なく食べられるものに絞って食べてしまいがちになり、あまり多くの量を食べなくなり健康的とはいえない状態になってしまっていることがあります。

関連記事

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2014 介護食の手間と負担を減らす食事宅配サービス All rights reserved.