―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

介護食の手間と負担を減らす食事宅配サービス

介護食宅配の新しい情報を確認したい方には、絶対にこの専用サイトがお勧めです。利用者の立場に立って、最新情報をもれなく掲載してあるので、あなたがチェックしたい介護食宅配の情報を必ず手にすることができます。
トップページ > 食事を純粋に楽しめなくなってしまう

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

食事を純粋に楽しめなくなってしまう

食事を純粋に楽しめなくなってしまうと、どうしても簡単なメニューですませてしまいがちに。

そんなときは、身近にある食品をプラスして、たくさん食べることが難しくても、どの食材を加えれば効率よく栄養がとれるのか考えるということを忘れないようにしましょう。

食欲がないとき、おかゆだけを口にして終わらせてしまってはいないでしょうか。

おかゆはごはんより水分が多いので、一杯くらいでは、同量のごはんを食べた時のエネルギーには到底及びません。おかゆを食べるなら、ほかの食材を加える工夫でエネルギーと栄養をプラスしましょう。ここ最近、高齢者の間で問題視されているフレイルという状態をご存知でしょうか。フレイルとは昔に比べて思うように体を動かせなくなったり体重が落ちてしまったりなどと、このままでは要介護の状態になる畏れが十分にある状態のことです。

このフレイルという状態から、筋力が衰えてしまう「サルコペニア」や、骨、関節そして筋肉などの衰えが原因となって歩くことや座ったりなどの日々の生活がままならなくなってしまう「ロコモティブシンドローム」、さらには寝たきりの状態につながるとされています。

そして低栄養こそ、これまでに説明した悪い状態のすべての原因なのです。

怪我や病気に負けない体をつくるためにカロリーを、いつまでも体を不自由なく動かせるように質のよいタンパク質の多くふくまれているものを積極的に摂るようにしましょう。

そこで良質なタンパク質を効率よく摂取できる食材としてオススメできるのが卵と豆腐ですので、もし肉や魚を食べることが難しい方は、卵や豆腐から不足しているたんぱく質を摂ると良いでしょう。

卵や豆腐とはまた違って、肉や魚などの動物性たんぱく質にはアミノ酸やビタミン・ミネラルなどがふくまれており、毎日食べる食品の種類が多ければ多いほど、年齢を重ねても衰えることなく、長生きであるという調査報告もあるでしょう。歳を重ねるにつれて頬がたるんできたり歯が弱くなると、ものを噛んだり飲んだりする力がなくなっていきます。

以前食べていたものを思うように食べられず、飲み込むたびにむせるようになり、最悪の場合、誤って食べ物が気管に入ってしまったことで「誤嚥性肺炎」を引き起こすこともあり得ます。

そして、主な高齢者は若い頃に比べて食欲が低下するため、やわらかい食材など食べられる物が限られたり、あまり多くの量を食べなくなり栄養バランス(一汁三菜の和食というのが理想的でしょう)が崩れてしまっていることがあるでしょう。

介護施設の食事は栄養士がバランスの良い献立を作り、それをもとに調理師が調理したものを出していますが、飲み込向ことや噛む力が特に低下している方の場合は、その状態にあった調理方法で提供する必要があるでしょう。老人ホームによっては、どの料理も見た目にさほど差のないペースト状の食事ではなく、料理の見栄えを大事にしつつまあまあ簡単に舌を使って食べられる「ソフト食があり、歯がない方や嚥下能力が低下した方でも、味わって食べられる作り方を提供している老人ホームもあるでしょう。口にしやすい介護食をつくるため、そしてケアをする側の負担を減らすためにも、調理器具を使うことをオススメします。

一般的に介護食は柔らかく、舌触りの良さ、そして噛みやすい大きさです。フードプロセッサーは少ない水の量で食材を細かく切ったり、ペーストなどのなめらかな形状にまで対応しているため調理するのが楽になります。

また食べにくいものを潰すためにマッシャーやすり鉢を使うこともできるでしょう。

そしてさらに口当たりを良くしたいときには、裏ごし器を使ってより舌触りをよくすることをオススメします。

加齢や疾患によって食べる力は落ちてしまいます。

食べる力が衰えてしまった方のために介護食は提供されていますが、人それぞれ機能の程度は異なります。問題なく食事をするための目安として介護食のレベルがあるでしょう。

嚥下食ピラミッドは食べ物を口に入れてから飲む込むまでの難しさの程度によってわかりやすく普通食から嚥下食まで6つに分け、食べる力がどの程度かに合わせて、食物の形や柔らかさなどを同じにすることで外に出ることが困難な方でもご家庭で安全な食事形態の目安として使いやすい指標です。

介護食の見た目で食欲が出るか、なくなるかは変わってきます。食事のし易さに重きを置きすぎて、食事本来の楽しみである見た目や味に魅力が感じられないと、食欲は失われてしまいます。上手に噛めない方でも口にしやすいか、飲み込みやすいかなど安全に食べられるように配慮します。お年寄りになると唾液の量が減ってくるため、口に含んだときに、口の中が乾いてしまうようなものは食べづらいです。そうは言ってもむせ込みの要因として水分の多さも挙げられるので、食べやすい食材を使用し、食べやすい形状に加工します。

完成された料理をその通りペースト状にして出すことが病院では一般的で、見た目も悪く、味も美味しいとは言えないものでした。入院中のお年寄りのごはんがあまり芳しくなかったのは噛めないからではなく、ほとんどが見た目や味の問題が原因なので、家で食事を用意する際は病院食と同じ類のごはんは出さないと心に誓いました。

病院で摂食嚥下障害看護認定の看護師さんに退院後の介護食の助言をもとめたら、柔らかいものでしたら何でも好きなものを食べても良いと言われました。介護食を毎食ごとに冷凍しておくと食事準備に手間取らないと分かりました。

歳を重ねること、そして怪我や病気をするこが原因で、固いものの食べづらさや上手に水分を飲み込めないという類の悩みが増えてきます。

介護用の食品には食事に対するどんな悩みでも解消できるように、どれだけ簡単に食べられるかを考えられた商品や、足りない栄養素を十分に補える商品などが用意されています。家庭で介護食をつくることは決して容易なことではありません。介護用の食品で、心の負担が軽くなったり、何をつくるか頭を悩ませる必要もなくなります。

介護を受ける方も、介護をする方も、どちらも幸せになれる介護食品をぜひ使ってみて頂戴。

関連記事

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2014 介護食の手間と負担を減らす食事宅配サービス All rights reserved.