―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

介護食の手間と負担を減らす食事宅配サービス

介護食宅配の新しい情報を確認したい方には、絶対にこの専用サイトがお勧めです。利用者の立場に立って、最新情報をもれなく掲載してあるので、あなたがチェックしたい介護食宅配の情報を必ず手にすることができます。
トップページ > 介護食の見た目で食欲が出るか、なくなるかは変わってきます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

介護食の見た目で食欲が出るか、なくなるかは変わって

介護食の見た目で食欲が出るか、なくなるかは変わってきます。

どれだけ楽に食べられるかを重視しすぎて、味は持ちろんのこと見た目が悪くても、食べたくない気持ちが大きくなってしまいます。

食べる動作に無理は生じないか、喉を通りやすいかなどの安全性や食べやすさについて慎重に考えられています。

高齢者は唾液の分泌量が低下するため、食べた時に口の中がからからになってしまうようなものは食べにくいです。

そうは言ってもむせ込みの原因として水分の多さも挙げられるので、食べやすい食材を使用し、食べやすい形状に加工します。

ここ最近、高齢者の間で問題視されているフレイルという状態をご存知でしょうか。フレイルとは昔にくらべて思うように体を動かせなくなったり体重が落ちてしまったりなどと、このまま悪化してしまうと要介護の状態になってしまう状況が近い将来訪れる可能性が高いことをいいます。

フレイルの状態から、筋肉量の低下「サルコペニア」や、骨や関節そして筋肉が上手に働かなくなったことが原因で歩行や座ったりなどの日常生活が難しくなってしまう「ロコモティブシンドローム」、そしてさらには起き上がるのも厳しい状態になってしまう可能性が高いといいます。

そして低栄養こそ、これまでに説明した悪い状態の全ての原因なのです。

歳をとることでだんだんと顔まわりの筋力が落ちてきたり歯が丈夫でなくなったりすると、飲み込む力(嚥下力)や噛む力(咀嚼力)が衰えてきます。若い頃平気で食べていたものを思うように食べられず、よく飲み込んだときにむせてしまい、「誤嚥性肺炎」という食べ物が誤って気管に入ってしまったことが原因でなる病気になってしまう可能性もあります。

その他お年寄り(日本で一番お金を持っている層だなんていいますね)にみられる特長として、若い頃よりも食欲がなくなるため、なるだけ食べやすいものを食べてしまいがちになったり、あまり多くの量を食べなくなり栄養が偏った状態になっている畏れがあります。

口にしやすい介護食を作るため、そして介護する側も介護食を作る負担を軽減するためにも、調理器具があると便利です。介護食においてとても重要なポイントは、やわらかさ、口に入れたときに困難なく噛める大きさ、そして食感です。フードプロセッサーは少ない水の量で食材を細かく切ったり、さらに細かくペースト状にしたりなど、簡単に調理ができるようになります。そ以外にもマッシャーやすり鉢を使って食べにくいものを調理することも出来ます。

それでもなめらかさが足りないときは、裏ごし器を使ってより舌触りをよくすることをオススメします。

完成された料理をその通りペースト状にして出すことが病院では一般的で、見た目も悪く、味もおいしいとは言えないものでした。

入院生活を送っている高齢者の方の食事がスムーズに行かなかったのは咀嚼が困難なためではなく、食欲をそそるような見た目・味ではなかったことによるものなので、自宅で食事の用意をするときは、病院食のような見た目も味も悪い食事はつくらないと決意しました。入院先の病院で摂食嚥下障害に関して特に詳しい看護師さんに自宅での介護食の用意の仕方について質問してみたら、噛んだり飲み込んだりするのに負担のかからないものならば何でもいいと教えて貰いました。

介護食を毎食ごとに冷凍しておくと食事準備に手間取らないと分かりました。

年齢と共に、また病気や怪我などによって固いものが食べづらい、水分を飲み込むのが難しくなるというような悩みが出てきます。どんなに食事への不安があるとしても楽しく食事ができるように、介護用の食品には、食べやすさに配慮した商品や、少ない量で十分な栄養が取れる商品などが用意されています。

介護をする方にとって、安心して食べられる食事を用意することは簡単なことではありません。介護用食品で、毎日にゆとりが生まれたり、何を作るか頭を悩ませる必要もなくなるでしょう。介護を受ける側も、手助けをする側も、どちらにも嬉しい介護食品を活用してみてください。

体力と抵抗力を維持する為にエネルギーを、骨格筋の動きの良さを維持する為に良質なたんぱく質を摂取しましょう。

そこで良質なタンパク質を効率よく摂取できる食材としてオススメできるのが卵と豆腐ですので、一般的によく知られる肉や魚が食べられない方は、卵や豆腐でたんぱく質を摂ってください。たんぱく質を摂るためによく知られている肉や魚には、卵や豆腐とはまた違う沢山の種類のアミノ酸、ビタミンそしてミネラルが含まれているので、毎日食べる食品の種類が多ければ多いほど、年齢を重ねても衰えることなく、長生きできるそうです。食べることに対して興味関心が薄れてきてしまうと、おいしいものを食べたいという考えがなくなり簡単に食事を済ませてしまうことが多くなります。

そういった場合は、今ある食材をプラスするなど、たとえ少ししか食べられないとしてもバランスのよい食事を心がけましょう。

お腹が空いたとあまり感じられないとき、おかゆを食べるだけで安心していませんか?おかゆを作るとき、ごはんより多く水を使うので、茶碗一杯分のエネルギーは、ごはんとくらべてなんと半分以下しかありません。

なのでおかゆだけを食べるのではなく、ほかの食材も摂るようにすることで、足りないエネルギーと栄養を補っていきましょう。年齢の変化や病気によって食べる機能は低下します。

介護食は食べる機能が低下した方に提供する食事ですが、ひとりひとり食べる力は変わってきます。安心してごはんが食べられるような手掛かりとして介護食のレベルがあります。食べる動作の難しさの度合いによって嚥下食ピラミッドを異なる6つの度合いで普通食から嚥下食に分け、それぞれの段階に合わせて食物の形や、やわらかさを統一することで、家庭でも病院や施設と同じように問題なく食事を行なうためにとても役立つ指標です。介護施設の食事は栄養士がバランスのとれたメニューを考え、丁寧に調理されたものを出していますが、上手に嚥下や咀嚼ができない方の場合は、その状態にあった調理方法で提供する必要があります。

場所によっては、ミキサーなどの器具を使ってつくられた流動食ではなく、料理の見栄えを大事にしつつかなり簡単に舌を使って食べられる「ソフト食があり、歯がない方や嚥下能力が低下した方でも、味わって食べられる作り方を提案してくれる介護施設も容易に見つけられるでしょう。

関連記事

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2014 介護食の手間と負担を減らす食事宅配サービス All rights reserved.