―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

介護食の手間と負担を減らす食事宅配サービス

介護食宅配の新しい情報を確認したい方には、絶対にこの専用サイトがお勧めです。利用者の立場に立って、最新情報をもれなく掲載してあるので、あなたがチェックしたい介護食宅配の情報を必ず手にすることができます。
トップページ > 歳を重ねるにつれて頬がたるんできたり歯が弱くなる

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

歳を重ねるにつれて頬がたるんできたり歯が弱くなる

歳を重ねるにつれて頬がたるんできたり歯が弱くなると、飲み込んだり噛向ことも満足にできなくなっていきます。昔からよく食べていたものを簡単に食べられなくなり、飲み込むときにむせることが増え、最悪の場合、誤って食べ物が気管に入ってしまったことで「誤嚥性肺炎」を引き起こすこともあり得ます。多くの高齢者は若い頃とくらべて食べたいという気持ちが少なくなるため、なるだけ食べやすいものを食べてしまいがちになったり、あまり多くの量を食べなくなり栄養バランスが崩れてしまっていることがあります。病院食に見られる特性は、料理を丸ごとミキサーにかけた流動食で、見た目、美味しさのどちらを取っても満足いくものではありませんでした。入院中のお年寄りのごはんが進まなかったのは噛めないのではなく、多くが見た目や味の悪さなので、家では完成品を丸ごとミキサーにかける食事は作らないと決意しました。病院で摂食嚥下障害を専門に診ている看護師さん自宅に戻ってからどのような介護食を用意すれば良いかと伺ったら、食べやすい形状のものであれば何でも食べられると教わりました。

介護食を小分けにして冷凍保存しておけばその都度用意する必要がなくなると気づきました。食べることが苦痛に感じられるようになってしまうと、あえて手の込んだものは作らなくなってしまいます。

沿うした場合は、手間のかからない食べ物を加えるなど、少量でも効率よく栄養が摂れるように工夫してみましょう。

あまり気分が乗らないとき、「おかゆを食べていればだいじょうぶ」と思っていませんか?おかゆを作る工程で使われる水の量はごはんよりも多いため、一杯くらいでは、同量のごはんを食べた時のエネルギーには到底及びません。

おかゆを食べるなら、ほかの食材を加える工夫でその日に必要なエネルギーや栄養を足すことを心がけましょう。

介護食は食べやすい形にすることがとても大切ですが、また、介護する側も食事を用意する負担を減らすためにも、それを作るための器具はとても役にたちます。一般的に介護食は柔らかく、噛みやすく、そして飲み込みやすいなめらかな状態です。

フードプロセッサーを使えば、大量の水を必要とすることなく食材を刻み、ペースト状などにもできるため、調理の大きな手助けになります。

その他にもマッシャーやすり鉢を使って食べにくいものを調理することもできるでしょう。

それでもなめらかさが足りないときは、裏ごし器使うことによってそれは解消されます。

食べる側の食欲の有無は、介護食の見た目に関係します。

食事のし易さに重きを置きすぎて、味は持ちろんのこと見た目が悪くても、食欲は無くなってしまいます。

食べ物がひとまとまりになりやすいか、喉を通りやすいかなどの安全性や食べやすさについて慎重に考えられています。

高齢者は唾液の分泌量が低下するため、口に食べ物を含んだときに、口内の水気を取ってしまうよう食べ物は食べにくいです。

逆に水分(水分が含まれていないほど、保存性が高くなるでしょう)が多くても、むせ込みの原因にもなるので、口にしやすいものを使って、美味しく食べられるように加工します。

介護施設の食事は栄養士がバランスのとれたメニューを考え、調理担当が作ったお料理を用意していますが、特に食べるのが困難な方に対しては、それぞれに合わせて調理することが大切です。

介護施設によって、ミキサーなどの器具を使って作られた流動食ではなく、「ソフト食」と呼ばれる、食べ物の形もはっきりとしてなおかつ舌で簡単に押しつぶせる料理があり、うまく噛向ことや飲向ことができない方でも、食事を味わえる調理方法を助言してくれる介護施設もあります。

近頃では、お年寄りのフレイル(虚弱)状態が問題視されています。フレイルとは、体重の減少・疲れやすさ・歩く速さや筋力の低下などがみられ、何も手を打たないままだと要介護の状態になる状況が近い将来訪れる可能性が高い事を言うのです。

このフレイルという状態は、筋肉の量が減ってしまうことを指す「サルコペニア」や、骨や関節そして筋肉がうまくはたらかなくなったことが原因で歩行や座ったりなどの日常生活が難しくなってしまう「ロコモティブシンドローム」、さらに悪化すると寝たきりの状態になってしまう可能性が高いといいます。

そしてこの負の連鎖をを引き起こしているのが栄養不足なのです。

疲れにくく病気になりにくい体を維持するためにエネルギーを、骨格筋の動きの良さを保つために質の良いタンパク質を摂ることを心がけましょう。そして良質なたんぱく質として真っ先に挙げられるのは卵と豆腐ですので、もし肉や魚がうまく食べられない人は、卵や豆腐から不足しているたんぱく質を摂ると良いでしょう。また肉や魚にも卵や豆腐とは異なるイロイロなアミノ酸、ビタミンそしてミネラルが入っているため、毎日摂る食品の種類が多い人ほど高齢になっても活動能力が高く、他の人よりも長生きできるということも分かっています。年齢、そして怪我や病気が原因で固いものが食べにくい、水分(水分が含まれていないほど、保存性が高くなるでしょう)を飲み込むのが難しくなるというような悩みが出てきます。介護用食品はいつまでも食事を楽しんでもらう為に、食べやすさを第一に考えて作られた商品や、少量でも必要な栄養を摂取できる商品などがあります。家庭で介護食を作ることは決して容易なことではありません。

介護用の食品で、心の負担が軽くなったり、献立の悩みを解消できたりします。

当事者も身の回りのお世話をする方も、どちらにかなりありがたい介護食品をぜひ使ってみてはいかがでしょうか。年齢の変化や病気によって食べる機能は低下します。

介護食は食べる機能が低下した方に提供する食事ですが、ひとりひとり機能の程度はちがいます。

問題なく食事が行える目標の基準として介護食は程度によって分けられています。

嚥下食ピラミッドは食べる動作がどの程度困難かによってわかりやすく普通食から嚥下食まで6つに分け、各レベルに食物の形態や、やわらかさなどの条件を基準化することで、病院や施設に行くのが難しい方でもご家庭で安心して食事をとることができるようになるものです。

関連記事

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2014 介護食の手間と負担を減らす食事宅配サービス All rights reserved.