―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

介護食の手間と負担を減らす食事宅配サービス

介護食宅配の新しい情報を確認したい方には、絶対にこの専用サイトがお勧めです。利用者の立場に立って、最新情報をもれなく掲載してあるので、あなたがチェックしたい介護食宅配の情報を必ず手にすることができます。
トップページ > 口にしやすい介護食を創るために

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

口にしやすい介護食を創るために

口にしやすい介護食を創るため、そして介護する側も介護食を創る負担を軽減するためにも、専用の調理器具があるとすさまじく助けになります。

介護食においてとても重要なポイントは、やわらかさ、なめらかな食感、咀嚼しやすいサイズです。

立とえ水が少なくてもフードプロセッサーを使えば食材を刻んだり、ペーストなどのなめらかな形状にまで対応しているため調理するのが楽になります。

また食べにくいものを潰すためにマッシャーやすり鉢を使うことも可能です。

さらになめらかさが必要な場合には、裏ごし器を使うことで食感の粗さを感じなくなります。

食べる側の食欲の有無は、介護食の見た目に関係します。

飲み込みやすさや食べやすさばかりを考えて、味はもちろんのこと見た目が悪くても、食べたくない気持ちが大聞くなってしまいます。無理なく口に運べるか、喉を通りやすいかなど安心して食べられるように考えられています。

お年寄りになると唾液の量が減ってくるため、口に食べ物(特に最近では安全性が問われていたりしますね。産地偽装など様々な問題が起こっているようです)を運んだ時、水分を吸収してしまう食べ物(特に最近では安全性が問われていたりしますね。

産地偽装など様々な問題が起こっているようです)は食べにくいです。逆に水分が多くても、むせ込みの原因にもなるので、食べやすい食材を使用し、食べやすい形状に加工します。

近頃、お年寄りの間で注目されている問題は、フレイル(虚弱)というものです。

フレイルとは、体重の減少・疲れやすさ・歩く速さや筋力の低下などがみられ、何も手を打たないままだと要介護の状態になる恐れが十分にある状態のことです。

そしてフレイルの状態から、筋力衰えてしまうようすを指す「サルコペニア」や、骨、関節そして筋肉などの衰えが原因となって歩くことや日常の生活を送る上で大変な問題を起こす「ロコモティブシンドローム」、そしてさらには起き上がるのも厳しい状態に繋がることが知られています。この「負の連鎖」の原因となるのが低栄養なのです。

食べる力は加齢や病気によって衰えます。

ご飯が思うようにできない方のために介護食がありますが、機能の低下など人それぞれです。問題なくご飯をするための目安として介護食のレベルがあります。

嚥下食ピラミッドは全てのご飯を摂食・嚥下の難易度にあわせて、普通食から嚥下食までの6段階にレベル分けし、食べる力がどの程度かに合わせて、食物の形や柔らかさなどを同じにすることで外に出ることが困難な方でもご家庭で安全にご飯を行うために非常に役たつ目安です。老人ホームのご飯は栄養士が栄養バランスを考えた献立を考え、調理師が調理したお料理を提供しておりますが、飲み込むことや噛む力が特に低下している方の場合は、どの形状の料理が最適かを考慮して調理しなければなりません。

そしてさらに施設によってはどんな食材かわからないほど細かく刻まれたご飯ではなく、料理の見栄えを大切にしつつすごく簡単に舌を使って食べられる「ソフト食があり、歯がない方や嚥下能力が低下した方でも、味わって食べられる作り方を老人ホームによっては提供しています。

体力、そして抵抗力のなさを感じない体を保つためにエネルギーを、元気に動ける骨格筋を保つために質の良いタンパク質を摂ることを心がけて下さい。

質の良いタンパク質の例として卵や豆腐が挙げられるので、肉や魚が不得意な人は、卵や豆腐から不足しているたんぱく質を摂るといいと思います。そして肉や魚から摂取できる動物性たんぱく質にはアミノ酸、ビタミンそしてミネラルなどの栄養素が含まれているため、毎日食べる食品の種類が多ければ多いほど、年齢を重ねても衰えることなく、長生きできる沿うです。歳を重ねること、そして怪我や病気をするこが原因で、固いものの食べづらさや水気のあるものが飲み込みにくいといった問題が出てきます。

介護用食品はいつまでもご飯を楽しんでもらう為に、食べやすさに配慮した商品や、少ない量で不足している栄養を補える商品などがあります。

家庭で介護食を創ることは決して容易なことではありません。介護用食品で、毎日にゆとりが生まれたり、献立についての日々の悩みを少し軽くできるでしょう。介護をする側もされる側も、どちらも幸せになれる介護食品をぜひ使ってみてください。食べることが苦痛に感じられるようになってしまうと、オイシイものを食べたいという考えがなくなり簡単にご飯を済ませてしまうことが多くなります。

沿うした場合は、手間のかからない食べ物(特に最近では安全性が問われていたりしますね。産地偽装など様々な問題が起こっているようです)を加えるなど、少しの量でもバランスよく栄養を摂取できるご飯を常に意識したらいいですよ。

オナカが空い立とあまり感じられないとき、おかゆに頼ってしまっていませんか?おかゆはごはんより多くの水で作られているので、カロリーはごはんの半分以下なのです。おかゆを食べるなら、ほかの食材を加える工夫でエネルギーと栄養をプラスして下さい。一般的に病院食といえば完成された料理をそのまま流動食にしたものが主で、見た目、美味しさのどちらを取っても満足いくものではありませんでした。入院生活を送っている高齢者の方のご飯が進まなかったのは噛めないのではなく、ほとんどが見た目や味の問題が原因なので、自宅でご飯の用意をするときは、病院食のような見た目も味も悪いごはんは出さないと心に誓いました。病院で摂食嚥下障害を専門に診ている看護師さん自宅に戻ってからどのような介護食を用意すれば良いかと伺ったら、どんなものでも柔らかくすれば食べられると教えてもらいました。

少しずつ分けて冷凍保存しておけば、忙しいときでもすぐにご飯の用意ができることに気づきました。

歳を取ることでみられる顔まわりの筋肉の衰えや歯がもろくなってしまうことにより、嚥下や咀嚼もだんだんと難しくなっていきます。

以前食べていたものを簡単に食べられなくなり、飲み込むときにしばしば喉につかえて咳き込んでしまい、食べ物(特に最近では安全性が問われていたりしますね。

産地偽装など様々な問題が起こっているようです)が気管に入って「誤嚥性肺炎」を引き起こすおそれもあります。

多くの高齢者は若い頃と比べて食べたいという気持ちが少なくなるため、やわらかい食材など食べられる物が限られたり、食べる量そのものが減ったりして健康的とはいえない状態になってしまっていることがあります。

関連記事

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2014 介護食の手間と負担を減らす食事宅配サービス All rights reserved.