―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

介護食の手間と負担を減らす食事宅配サービス

介護食宅配の新しい情報を確認したい方には、絶対にこの専用サイトがお勧めです。利用者の立場に立って、最新情報をもれなく掲載してあるので、あなたがチェックしたい介護食宅配の情報を必ず手にすることができます。
トップページ > 加齢や病気・怪我などにより、固いものが食べづらい

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

加齢や病気・怪我などにより、固いものが食べづらい

加齢や病気・怪我などにより、固いものが食べづらい、水分が飲みこみづらいといったご飯の悩みが出てきます。

どんな状況においても楽しくご飯ができるように介護用食品は、どれだけ簡単に食べられるかを考えられた商品や、少ない量で十分な栄養が取れる商品などが用意されています。

家庭で介護食を作ることは決して容易なことではありません。

介護用食品によって、ひと息つく時間が生まれたり、何を作るか頭を悩ませる必要もなくなります。

介護をする側もされる側も、あなたがたが幸せになれる介護用の食品を活用することを強くオススメします。病院食に見られる特徴は、料理を丸ごとミキサーにかけた流動食で、見た目も味もおいしいと感じられないものでした。入院している高齢者の方の食があまり好ましい状況でなかったのは決して噛めないことが原因な所以ではなく、見た目や味の問題がほとんどなので、家では完成品を丸ごとミキサーにかけるごはんは出さないと心に誓いました。

病院内で摂食嚥下障害分野に特化している看護師さんに退院後のご飯についてアドバイスをもとめたら、どんなものでも柔らかくすれば食べられると教えて貰いました。

三食を小分けにして冷凍庫で保存しておくと用意に時間がかからなくなります。食べることが苦痛に感じられるようになってしまうと、あえて手の込んだものは造らなくなってしまいます。

そうした場合は、手間のかからない食べ物を加えるなど、少量でも効率よく栄養が摂れるように工夫してみましょう。

ご飯をしたい気分ではないけれど食べなければならないとき、「おかゆを食べていればだいじょうぶ」と思っていませんか?おかゆを作る工程で使われる水の量はごはんよりも多いため、一杯くらいでは、同量のごはんを食べた時のエネルギーには到底及びません。

もしもおかゆを食べるのだったら、他にもいくつか栄養のある食材を食べることで、不足しているカロリーと栄養をきちんと補ってあげましょう。

老人ホームのご飯は栄養士が栄養管理した献立をつくり、調理師が調理したお料理を提供しておりますが、上手く嚥下や咀嚼ができない方の場合は、その状態にあった調理方法で提供する必要があります。

介護施設によって、ミキサーなどの器具を使って造られた流動食ではなく、「ソフト食」といわれる、食べ物の形もはっきりとしてなおかつ舌で簡単に押しつぶせる料理があり、思うように噛んだり飲んだりすることが困難な方でも、如何に美味しく食べられるかをことを考慮した調理方法を助言してくれる介護施設もあります。食べる機能は加齢や疾患によって低下します。食べる力が衰えてしまった方のために介護食は提供されていますが、人それぞれ機能の程度は異なります。問題なくご飯が行える目標の基準として介護食のレベルがあります。どの程度食べる動作が困難かによって嚥下食ピラミッドをわかりやすく普通食から嚥下食まで6つに分け、食べる力がどの程度かに合わせて、食物の形や柔らかさなどを同じにすることで病院や施設に行くのが難しい方でもご家庭で安全なご飯形態の目安として使いやすい指標です。歳を取ることでみられる顔まわりの筋肉の衰えや歯がもろくなってしまうことにより、飲み込んだり噛んだりする力も衰えてきます。

今まで何の問題もなく食べていたものを上手く食べることができず、飲み込むときに喉につかえてしまうことが多くなり、食べ物が気管に入って「誤嚥性肺炎」を引き起こすおそれもあります。

多くの高齢者は若い頃と比べて食べたいという気持ちが少なくなるため、あまり困難なく食べられるものに絞って食べてしまいがちになり、食べる量そのものが減ったりして栄養バランスが崩れてしまっていることがあります。介護食は食べやすい形にすることがとても大切ですが、また、介護する側もご飯を用意する負担を減らすためにも、それ専用の調理器具は必要不可欠です。

介護食の特徴は柔らかく、なめらかな食感、咀嚼しやすいサイズです。

フードプロセッサーは水分が少量でも食材を刻む、ペーストにするなど形状に合わせて使用できるので便利です。そしてマッシャーやすり鉢を使えば食材を潰して食べやすくすることもできます。

さらになめらかさが必要な場合には、裏ごし器使うことによってそれは解消されます。

食べる側の食欲の有無は、介護食の見た目に関係します。

どれだけ無理なく食べられるかにとらわれ過ぎて、見た目や味付けが悪いと、食欲は無くなってしまいます。

食べる動作に無理は生じないか、喉を通りやすいかなど安心して食べられるように考えられています。

お年寄りになると唾液の量が減ってくるため、口に食べ物を含んだときに、口内の水気を取ってしまうよう食べ物は食べにくいです。

とはいえ水分が多くふくまれていると、むせてしまう可能性が高くなるので、口にしやすいものを使って、美味しく食べられるように加工します。怪我や病気に負けない体を作るためにカロリーを、いつまでも体を活発に動かせるように良質なたんぱく質を摂取しましょう。

質の良いタンパク質の例として卵や豆腐が挙げられるので、もし肉や魚を食べることが難しい方は、そのかわりに卵や豆腐を食べることでタンパク質を十分に摂取することができます。

たんぱく質を摂るためによく知られている肉や魚には、卵や豆腐とはまた違うアミノ酸やビタミン・ミネラルなどがふくまれており、毎日さまざまな食品を食べている人は高齢になっても筋力などの衰えが少なく、その上より長く人生を謳歌(上手な人は上手ですが、下手な人はとことん下手なことが多いものです)できるといいます。

近頃、お年寄りの間で注目されている問題は、フレイル(虚弱)というものです。フレイルとは、体重が落ちたり歩いてもすぐ疲れてしまうといった様子がみられ、どんどん悪化し続けてしまうと介護が必要になる恐れが十分にある状態の事を言います。

このフレイルという状態は、筋肉の量が減ってしまうことをさす「サルコペニア」や、骨、関節そして筋肉などの衰えが原因となって歩くことや日常のあらゆる行動において支障をきたす「ロコモティブシンドローム」、もっとひどくなると起き上がることすら難しい状態に繋がるとされています。

そしてこの負の連鎖をを引き起こしているのが栄養不足なのです。

関連記事

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2014 介護食の手間と負担を減らす食事宅配サービス All rights reserved.