介護食の手間と負担を減らす食事宅配サービス
ホームボタン

介護食0002

介護食の見た目は、食べたいという気持ちを出すためにとても重要なことです。どれだけ無理なく食べられるかにとらわれ過ぎて、味はもちろんのこと見た目が悪くても、食べたいという気持ちがなくなってしまいます。口の中でまとまりやすいか、飲み込みやすいかなど安全に食べられるように配慮します。高齢者は唾液が分泌されにくくなるため、口に含んだときに、口の中が乾いてしまうようなものは食べづらいです。一方で水分が多すぎても、むせこみやすくなってしまうので、食べやすい具材を使用して、食事に負担のない形状に作り変えます。歳をとることでだんだんと顔まわりの筋力が落ちてきたり歯が丈夫でなくなったりすると、ものを噛んだり飲んだりする力がなくなっていきます。今まで何の問題もなく食べていたものを思うように食べられず、飲み込むときに喉につかえてしまうことが多くなり、気管に食べ物が入ってしまうことで引き起こされる「誤嚥性肺炎」になってしまう恐れもあります。他には、ほとんどのお年寄りは食べることに対する興味が若い頃に比べてなくなるため、柔らかいものなど簡単に食べられるものばかりを食べてしまったり、そもそもの食べる量が少なくなったりして栄養バランスが崩れてしまっていることがあります。歳を重ねること、そして怪我や病気をするこが原因で、固いものの食べづらさや水分が飲みこみづらいといった食事の悩みが出てきます。介護用食品はいつまでも食事を楽しんでもらう為に、どれだけ食べやすいかに焦点を当てた商品や、少量で栄養を補給できる商品などがあります。ご自宅で介護食を作ることは、介護をする側にとってとても負担が大きいです。介護用食品によって、ひと息つく時間が生まれたり、献立の悩みを解消できたりします。介護を受ける方も、介護をする方も、みんなが幸せになれる介護用の食品を活用することを強くおすすめします。完成された料理をそのままペースト状にして出すことが病院では一般的で、見た目も悪く、味も美味しいとは言えないものでした。入院中のお年寄りのごはんがあまり芳しくなかったのは噛めないからではなく、その原因のほとんどが見た目の悪さや味の悪さなので、自宅で作る際には料理を丸ごとミキサーにかけるようなものは絶対に出さないつもりです。病院で摂食嚥下障害を専門に診ている看護師さん自宅に戻ってからどのような介護食を用意すれば良いかと伺ったら、噛んだり飲み込んだりするのに負担のかからないものであれば何でもいいと教えてもらいました。毎食ごとに小分け冷凍しておくと便利だと気づいたんです。口にしやすい介護食を作るため、そしてケアをする側の負担を減らすためにも、調理器具を使うことをおすすめします。介護食の特徴は柔らかく、舌触りの良さ、そして噛みやすい大きさです。たとえ水が少なくてもフードプロセッサーを使えば食材を刻んだり、ペースト状などにもできるため、調理の大きな手助けになります。また食べにくいものを潰すためにマッシャーやすり鉢を使うこともできます。さらになめらかにするときには、裏ごし器を使うことで食感の粗さを感じなくなります。近頃では、お年寄りのフレイル(虚弱)状態が問題視されています。フレイルというのはつまり、体重減少、疲労感の強さ、筋力の低下などの特徴が見受けられ、このまま悪化してしまうと要介護の状態になってしまう可能性が高いことをいいます。このフレイルという状態は、筋肉の量が減ってしまうことを指す「サルコペニア」や、骨や関節・筋肉の障害により歩行や日常のあらゆる行動において支障をきたす「ロコモティブシンドローム」、最悪の場合起き上がることさえ困難な状態に繋がってしまいます。そして低栄養こそ、これまでに説明した悪い状態の全ての原因なのです。怪我や病気に負けない体を作るためにカロリーを、元気に動ける骨格筋を保つために質の良いタンパク質を摂ることを心がけましょう。例えば卵や豆腐は質のよいタンパク質が多く含まれている食材なので、肉や魚が食べにくい人は、卵や豆腐でたんぱく質を摂ってください。肉や魚には、卵や豆腐とは異なるたくさんの種類のアミノ酸、ビタミンそしてミネラルが含まれているので、たくさんの品目を毎日食べている人は、歳を取っても活動範囲が狭まることもなく、他の人よりも長生きできるということも分かっています。介護施設の食事は栄養士がバランスのとれたメニューを考え、調理担当が作ったお料理を用意していますが、嚥下(飲み込み)や咀嚼(噛む)の機能が低下している方の場合は、どの形状の料理が最適かを考慮して調理しなければなりません。場所によっては、どんな食材かわからないほど細かく刻まれた食事ではなく、食べ物の形がありますが舌で押しつぶせる「ソフト食」というものがあり、うまく噛むことや飲むことができない方でも、食事を味わえる調理方法を助言してくれる介護施設もあります。年齢の変化や病気によってそれまでのように食事ができなくなります。食べる力が衰えてしまった方のために介護食は提供されていますが、機能の低下など人それぞれです。不安がなく食事をするための目標の手掛かりとして介護食のレベルがあります。嚥下食ピラミッドは食べる動作がどの程度困難かによって普通食から嚥下食までの6段階にレベル分けし、各段階に合わせてそれぞれ食物の形や柔らかさなどを統一することで、病院や施設だけでなく家庭でも安全な食事を用意するために、とてもわかりやすく使いやすい指標です。食事を純粋に楽しめなくなってしまうと、あえて手の込んだものは作らなくなってしまいます。そういった場合は、今ある食材をプラスするなど、たくさん食べることが難しくても、どの食材を加えれば効率よく栄養がとれるのか考えるということを忘れないようにしましょう。食事をしたい気分ではないけれど食べなければならないとき、おかゆを食べるだけで安心していませんか?おかゆを作る工程で使われる水の量はごはんよりも多いため、一杯くらいでは、同量のごはんを食べた時のエネルギーには到底及びません。ですからただおかゆを食べるだけではだめで、それ以外に栄養のあるものを加えるようにして、エネルギーと栄養をプラスしましょう。
▲ Page Top

Copyright (C) 2014 介護食の手間と負担を減らす食事宅配サービス All Rights Reserved.