―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

介護食の手間と負担を減らす食事宅配サービス

介護食宅配の新しい情報を確認したい方には、絶対にこの専用サイトがお勧めです。利用者の立場に立って、最新情報をもれなく掲載してあるので、あなたがチェックしたい介護食宅配の情報を必ず手にすることができます。
トップページ >

ページの先頭へ

加齢や病気・怪我などにより、固いものが食べづらい時は?

加齢や病気・怪我などにより、固いものが食べづらい、水気のあるものが飲み込みにくいといった問題が出てきます。

介護用食品はどれだけ歳を取っても食事を楽しめるために、どれだけ簡単に食べられるかを考えられた商品や、足りない栄養素(不足していると、体調不良が起こってしまいますし、食欲が異常に湧いてくるなんてことも)を十分に補える商品などが用意されています。

家庭で介護食を用意するのはとても大変です。介護用食品があれば、気もちに少しゆとりができたり、何を作るか頭を悩ませる必要もなくなります。介護を受ける側も、手助けをする側も、どちらにおもったより嬉しい介護食品を使わない手はないでしょう。介護食宅配も同様のサービスです。

年齢といっしょに顔の筋肉が下がってきたり歯がもろくなってくると、 嚥下や咀嚼もだんだんと難しくなっていきます。以前食べていたものを簡単に食べられなくなり、飲み込むときにむせることが増え、食べ物が気管に入って「誤嚥性肺炎」を引き起こす惧れもあります。また、高齢者は一般的に若い頃よりも食欲が低下するため、なるだけ食べやすいものを食べてしまいがちになったり、一度に沢山の量を食べられなくなり体の中に栄養が行き届いていない状態になっていることがあります。

病院食は完成品を丸ごとミキサーにかけた流動食が中心で、当然美味しそうには見えず、味もあまりよくありませんでした。入院生活を送っている高齢者の方の食事があまり芳しくなかったのは噛めないからではなく、その原因のほとんどが見た目の悪さや味の悪さなので、家では完成品を丸ごとミキサーにかける食事は創らないと決意しました。病院で摂食嚥下障害看護認定の看護師さんに退院後の介護食の助言をもとめたら、食べやすい形状のものであれば何でも食べられると教わりました。

三食を小分けにして冷凍庫で保存しておくと用意に時間がかからなくなります。食事を純粋に楽しめなくなってしまうと、どうしても簡単なメニューですませてしまいがちに。そんなときは、身近にある食品をプラスして、たくさん食べることが難しくても、どの食材を加えれば効率よく栄養がとれるのか考えるということを忘れないようにしましょう。

あまり食事をしたくないとき、おかゆだけを口にして終わらせてしまってはいないでしょうか。

おかゆを作るとき、ごはんより多く水を使うので、茶碗一杯分のエネルギーは、ごはんと比べてなんと半分以下しかありません。

そのためおかゆといっしょに、その他の食材をうまく組み合わせて、エネルギーと栄養をプラスしましょう。

最近、高齢者の間で注目されていますフレイル(虚弱)とは一体なんでしょうか。フレイルとは昔に比べて思うように体を動かせなくなったり体重が落ちてしまったりなどと、どんどん悪化し続けてしまうと介護が必要になる可能性が高いことをいいます。このフレイルという状態から、筋力が衰えてしまう「サルコペニア」や、骨、関節そして筋肉の障害により歩くことや日常のあらゆる行動において支障をきたす「ロコモティブシンドローム」、もっとひどくなると起き上がることすら難しい状態に繋がってしまいます。

そしてこの負の連鎖をを引き起こしているのが栄養不足なのです。

介護食宅配は無理なく食べられる状態にすることに加え、介護する側も食事を用意する負担を減らすためにも、調理器具を使うことを御勧めします。一般的に介護食は柔らかく、なめらかな状態、噛みやすいサイズです。フードプロセッサーを使えば、大量の水を必要とすることなく食材を刻み、ペーストにするなど形状に合わせて使用できるので便利です。また食べにくいものを潰すためにマッシャーやすり鉢を使うことも出来ます。さらになめらかさが必要な場合には、裏ごし器使うことによってそれは解消されます。

食べる機能は加齢や疾患によって低下します。

介護食は食べる機能が低下した方に提供する食事ですが、ひとりひとり食べる力は変わってきます。不安がなく食事をするための目標の手掛かりとして介護食はすべての方に合わせてレベルが分けられています。

どの程度食べる動作が困難かによって嚥下食ピラミッドを普通食から嚥下食までが6つの程度に分け、各段階に合わせてそれぞれ食物の形や柔らかさなどを統一することで、病院や施設だけでなく家庭でも安心して食事をとることができるようになるものです。

老人ホームの食事は栄養士が栄養管理した献立を創り、丁寧に調理されたものを出していますが、うまく嚥下や咀嚼ができない方の場合には、その状態にあった調理方法で提供する必要があります。

場所によっては、ミキサーなどの器具を使って創られた流動食ではなく、食べ物の形がありますが舌で押しつぶせる「ソフト食」というものがあり、たとえ飲み込みや噛む機能が低下したかたでも、味わって食べられる創り方を老人ホームによっては提供しています。

介護食も普通食に対してと同様に、美味しそうな見た目のものが好まれます。

飲み込みやすさや食べやすさばかりを考えて、食事本来の楽しみである見た目や味に魅力が感じられないと、食べたいという気もちがなくなってしまいます。無理なく口に運べるか、飲み込みやすいかなど安全に食べられるように配慮します。

年齢といっしょに口の中で創られる唾液の量は減ってくるため、口に入れたときに、水分を吸収してしまうような食べ物は食べるのが大変です。

そうは言ってもむせ込みの原因として水分の多さも挙げられるので、口にしやすいものを使って、美味しく食べられるように加工します。

疲れにくく病気になりにくい体を維持するためにエネルギーを、ゲンキに動ける骨格筋を保つために良質なたんぱく質を摂取しましょう。質の良いタンパク質の例として卵や豆腐が挙げられるので、もし肉や魚を食べることが難しい方は、卵や豆腐から不足しているたんぱく質を摂ると良いでしょう。

たんぱく質を摂るためによく知られている肉や魚には、卵や豆腐とはまた違うアミノ酸やビタミン・ミネラルなどがふくまれており、たくさんの品目を毎日食べている人は、歳を取っても活動範囲が狭まることもなく、その上より長く人生を謳歌できるといいます。

高齢者で腎臓病の方は宅配食に併せて、クレアギニンEXが人気のようです。

食べる力が衰えてしまった方のために介護食は提供されています

食べる力は加齢や病気によって衰えます。

食べる力が衰えてしまった方のために介護食は提供されていますが、ひとりひとり食べる力は変わってきます。

安全で安心して食事をするための目安の指標として介護食のレベルがあります。

どの程度食べる動作が困難かによって嚥下食ピラミッドを異なる6つの度合いで普通食から嚥下食に分け、各段階にあわせてそれぞれ食物の形や柔らかさなどを統一することで、病院や施設に行くのが難しい方でもご家庭で問題なく食事を行なうためにとても役たつ指標です。

体力と抵抗力を保つためにエネルギーを、いつまでも体を活発に動かせるように良質なタンパク質を効率よく摂取できる食材を食べるようにしましょう。

卵や豆腐は消化のよい良質なたんぱく質なので、一般的によく知られる肉や魚が食べられない方は、卵や豆腐から不足しているたんぱく質を摂ると良いでしょう。肉や魚には、卵や豆腐とは異なるあまたの種類(コレクターは全て揃えたくなってしまうものです)のアミノ酸、ビタミンそしてミネラルが含まれているので、多くの食材を毎日取っている人は沿うでない人と比べて歳を取っても活発に活動ができ、いつまでも健康でいられる沿うです。

年齢といっしょに、また病気や怪我などによって固いものが食べづらい、水分を飲み込むのが難しくなるというような悩みが出てきます。

どんな状況においても楽しく食事ができるように介護用食品は、食べやすさに配慮した商品や、足りない栄養素を十分に補える商品などが用意されています。家庭で介護食を用意するのはとても大変です。

介護用の食品で、心の負担が軽くなったり、日々頭を埋め尽くす献立の問題も解消できるかもしれません。

介護をうける方も、介護をする方も、皆さんが幸せになれる介護用の食品を活用することを強くオススメします。近頃、お年寄りの間で注目されている問題は、フレイル(虚弱)というものです。

フレイルとは、体重の減少・疲れやすさ・歩く速さや筋力の低下などがみられ、このままでは要介護の状態になる恐れが十分にある状態のことです。

そしてフレイルの状態から、筋力衰えてしまうようすを指す「サルコペニア」や、骨や関節そして筋肉がうまくはたらかなくなったことが原因で歩行や座ったりなどの日々の生活がままならなくなってしまう「ロコモティブシンドローム」、もっとひどくなると起き上がることすら難しい状態になってしまう可能性が高いといいます。

そして低栄養こそ、これまでに説明した悪い状態のすべての原因なんです。

介護食の見た目は、食べたいという気持ちを出すためにとても重要なことです。どれだけ無理なく食べられるかにとらわれ過ぎて、見た目も悪く、味もあまり良くないものだと、食に対する意欲が薄れてしまいます。無理なく口に運べるか、飲み込むときに無理はないかなどに注意深く気を使っています。

高齢者は唾液が分泌されにくくなるため、食べた時に口の中がからからになってしまうようなものは食べにくいです。沿うは言ってもむせ込みの原因として水分の多さも挙げられるので、食べやすい食材を使用し、食べやすい形状に加工します。加齢にともない顔まわりの筋肉が衰えたり歯が弱くなったりすると、嚥下や咀嚼もだんだんと難しくなっていきます。

以前食べていたものを簡単に食べられなくなり、よく飲み込んだときにむせてしまい、食べ物が気管に入って「誤嚥性肺炎」を引き起こす惧れもあります。また、高齢者は一般的に若い頃よりも食欲が低下するため、あまり困難なく食べられるものに絞って食べてしまいがちになり、食べる量そのものが減ったりして健康的とはいえない状態になってしまっていることがあります。食べることが苦痛に感じられるようになってしまうと、献立を考える楽しさも減り、どれだけ簡単に食事をすませられるかばかり考えてしまいます。

そんな時でも、出来るだけ食品をプラスして、たくさん食べられなくても栄養バランスのとれた食事をとることがとても大切です。

オナカが空い立とあまり感じられないとき、「おかゆを食べていればだいじょうぶ」と思っていませんか?おかゆを創る工程で使われる水の量はごはんよりも多いため、カロリーはごはんの半分以下なのです。

なのでおかゆだけを食べるのではなく、ほかの食材も摂るようにすることで、足りないエネルギーと栄養を補っていきましょう。より食べやすい介護食を創るために、また出来るだけ食事を用意しやすくするためにも、調理器具を使うことをオススメします。

一般的に介護食は柔らかく、なめらかな状態、噛みやすいサイズです。

フードプロセッサーは少ない水の量で食材を細かく切ったり、ペーストにするなど形状にあわせて使用できるので便利です。マッシャーやすり鉢で食べにくいものをつぶすことが可能です。

よりなめらかな方が好ましい場合には、つぶつぶ感をなくすために裏ごし器を使うのも良いでしょう。病院で出される食事は主に、完成した料理を丸ごとミキサーにかけた流動食で、見た目も味も美味しいと感じられないものでした。

入院生活を送っている高齢者の方の食事があまり好ましい状況でなかったのは決して噛めないことが原因な所以ではなく、多くが見た目や味の悪さなので、家で食事を用意する際は病院食と同じ類の食事はつくらないと決意しました。病院内で摂食嚥下障害分野に特化している看護師さんに退院後の食事についてアドバイスをもとめたら、どんなものでも柔らかくすれば食べられると教えてもらいました。

三食を小分けにして冷凍庫で保存しておくと用意に時間がかからなくなります。介護施設の食事は栄養士がバランスのとれたメニュー(献立や予定している内容、操作項目などのことです)を考え、それを元に調理師が調理したものを出していますが、もし噛んだり飲んだりすることが難しい方に対しては、その状態にあわせて調理されたものものが必須です。

介護施設によって、どんな食材かわからないほど細かく刻まれた食事ではなく、料理の見栄えを大切にしつつかなり簡単に舌を使って食べられる「ソフト食があり、思うように噛んだり飲んだりすることが困難な方でも、味わって食べられる作り方を提案してくれる介護施設も容易に見つけられるでしょう。

食べる側の食欲の有無は、介護食の見た目に関係します

最近、高齢者の間で注目されていますフレイル(虚弱)とは一体なんでしょうか。フレイル、それは以前にくらべて体重が減った、疲れやすくなった、思うように歩けないといった様子がみられ、どんどん悪化し続けてしまうと介護が必要になる可能性が高い状態をいいます。このフレイルという状態は、筋肉の量が減ってしまうことを指す「サルコペニア」や、骨や関節・筋肉の機能が低下することによって歩くことや座ったりなどの日常生活が難しくなってしまう「ロコモティブシンドローム」、もっとひどくなると起き上がることすら難しい状態になってしまうといいます。そして低栄養こそ、これまでに説明した悪い状態のすべての原因なのです。

疲れにくく病気になりにくい体を維持するためにエネルギーを、関節周りの筋肉量を維持するために良質なたんぱく質を摂取しましょう。例えば卵や豆腐は質のよいタンパク質が多く含まれている食材なので、もし肉や魚を食べることが難しい方は、卵や豆腐から不足しているたんぱく質を摂るといいでしょう。

また肉や魚にも卵や豆腐とは異なるアミノ酸、ビタミンそしてミネラルなどの栄養素が含まれているため、毎日摂る食品の種類が多い人ほど高齢になっても活動能力が高く、長生きできるそうです。食べる側の食欲の有無は、介護食の見た目に関係します。どれだけ楽に食べられるかを重視しすぎて、見た目も悪く、味もあまり良くないものだと、食べたいという気持ちがなくなってしまいます。

食べ物(食べないと生きていけないわけですが、食べ過ぎると健康を損なってしまいます)がひとまとまりになりやすいか、喉を通りやすいかなど安心して食べられるように考えられています。

年齢といっしょに口の中で創られる唾液の量は減ってくるため、口に入れたときに、水分を吸収してしまうような食べ物(食べないと生きていけないわけですが、食べ過ぎると健康を損なってしまいます)は食べるのが大変です。

その反面、水分が多過ぎてしまっても、むせてしまうこともあるので、食べやすい材料を使って、食べやすい形に創り変えます。

加齢や病気・怪我などにより、固いものが食べづらい、上手に水分を飲み込めないという類の悩みが増えてきます。

どんな状況においても楽しくご飯ができるように介護用食品は、いかに食べやすいかを重要視した商品や、少量でも必要な栄養を摂取できる商品といったものがあるのです。

家庭で介護食を用意するのはとても大変です。

介護用食品で、毎日にゆとりが生まれたり、何を創るか頭(インドでは子どもだからといってなでたりすると、とても失礼な行為になるそうです。

神様が宿るところだから触っちゃダメなんだとか)を悩ませる必要もなくなります。

介護をする側もされる側も、どちらも幸せになれる介護食品をぜひ使ってみて下さい。食べる力は加齢や病気によって衰えます。介護食は食べる機能が低下した方に提供するご飯ですが、ひとりひとり機能の程度は違います。問題なくご飯が行える目標の基準として介護食はレベル別になっています。

食べる動作の難しさの度合いによって嚥下食ピラミッドを普通食から嚥下食までの6段階にレベル分けし、食べる力がどの程度かに合わせて、食物の形や柔らかさなどを同じにすることで病院や施設と同じように家庭でも問題なくご飯を行うためにとても役立つ指標です。

ご飯を純粋に楽しめなくなってしまうと、オイシイものを食べたいという考えがなくなり簡単にご飯を済ませてしまうことが多くなります。

そういうときは、すぐに用意できる食品を足して、たくさん食べられなくても栄養バランスのとれたご飯をする事がとても大切です。あまりご飯をしたくないとき、おかゆに頼ってしまっていませんか?ごはんにくらべるとおかゆは水分が多いので、一杯くらいでは、同量のごはんを食べた時のエネルギーには到底及びません。もしもおかゆを食べるのであれば、他にもいくつか栄養のある食材を食べることで、その日に必要なエネルギーや栄養を足すことを心がけましょう。介護食は食べやすい形にする事がとても大切ですが、また、介護する側も介護食を創る負担を軽減するためにも、それを創るための器具はとても役にたちます。

一般的に介護食は柔らかく、舌触りの良さ、そして噛みやすい大きさです。フードプロセッサーは水分が少量でも食材を刻む、ペースト状などにもできるため、調理の大きな手助けになります。

マッシャーやすり鉢で食べにくいものをつぶすことができます。

よりなめらかな方が好ましい場合には、裏ごし器を使ってより舌触りをよくすることをお薦めします。介護施設のご飯は栄養士がバランスのとれたメニューを考え、調理師が調理したお料理を提供しておりますが、上手に嚥下や咀嚼ができない方の場合は、その状態にあった調理方法で提供する必要があるのです。

そしてさらに施設によってはミキサーなどの器具を使って創られた流動食ではなく、「ソフト食」と呼ばれる、食べ物(食べないと生きていけないわけですが、食べ過ぎると健康を損なってしまいます)の形もはっきりとしてなおかつ舌で簡単に押しつぶせる料理があり、歯がない方や嚥下能力が低下した方でも、ご飯を味わえる調理方法を助言してくれる介護施設もあります。一般的に病院食といえば完成された料理をそのまま流動食にしたものが主で、見た目、美味しさのどちらを取っても満足いくものではありませんでした。

入院生活を送っている高齢者の方のご飯がスムーズに行かなかったのは咀嚼が困難なためではなく、食欲をそそるような見た目・味ではなかったことによるものなので、自宅で創る際には料理を丸ごとミキサーにかけるようなものは絶対に出さないと決めました。

入院先で摂食嚥下障害専門の看護師さんに退院した後のご飯について伺ったら、柔らかいものであれば何でも好きなものを食べても良いと言われました。

介護食を毎食ごとに冷凍しておくとご飯準備に手間取らないと分かりました。歳をとることでだんだんと顔まわりの筋力が落ちてきたり歯が丈夫でなくなったりすると、嚥下や咀嚼もだんだんと難しくなっていきます。

若い頃平気で食べていたものを簡単に食べられなくなり、よく飲み込んだときにむせてしまい、気管に食べ物(食べないと生きていけないわけですが、食べ過ぎると健康を損なってしまいます)が入ってしまうことで引き起こされる「誤嚥性肺炎」になってしまう畏れもあります。

多くの高齢者は若い頃とくらべて食べたいという気持ちが少なくなるため、あまり困難なく食べられるものに絞って食べてしまいがちになり、ご飯量自体が減ってしまい健康的とはいえない状態になってしまっていることがあるのです。

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2014 介護食の手間と負担を減らす食事宅配サービス All rights reserved.